Day: May 8, 2017

岡本敦郎 ~白い花の咲く頃

This song appears briefly in the film From up on poppy hills. The students sing it when holding their meeting. I think that it is a very beautiful song with a simple but moving text. It reminds me of the classical Chinese poems I used to read years ago. Feelings are described through landscape and natural elements. The text doesn’t say much but the sadness of the farewell is well conveyed. It was first sung by 岡本敦郎・おかもとあつお in 1950. Since then, it has been covered many times. This is one of those many covers: 白い花が 咲いてた・しろいはなが さいてた 故郷の 遠い夢の日・ふるさとの とおいゆめのひ さよならと 云ったら・さよならと いったら 黙って うつむいてたお下げ髪・だまって うつむいてたおさげがみ 悲しかった あの時の・かなしかった あのときの あの 白い花だよ・あの しろいはなだよ 咲く・さく to bloom (contraction of: 咲いていた) 故郷・ふるさと home town, native place 云う・いう to say (other way to write 言う) 黙る・だまる to be silent うつむく to bend, to look downward (contraction of うつむいていた) 下げ髪・さげがみ ponytail 白い雲が 浮いてた・しろいくもが ういてた 故郷の 高いあの峰・ふるさとの たかいあのみね さよならと 云ったら・さよならと いったら こだまが さよならと呼んでいた・こだまが さよならとよんでいた 淋しかった あの時の・さびしかった あのときの あの 白い雲だよ・あの しろいくもだよ 浮く・うく to float 峰・みね peak こだま echo 淋しい・さびしい lonely, can also be written: 寂しい 白い月が ないてた・しろいつきが ないてた 故郷の 丘の木立ちに・ふるさとの おかのこだちに さよならと 云ったら・さよならと いったら 涙の 眸でじっとみつめてた・なみだの ひとみでじっとみつめてた 悲しかった あの時の・かなしかった あのときの あの 白い月だよ・あの しろいつきだよ 丘・おか hill 木立・こだち grove of trees 眸・ひとみ pupil of eye, eye じっと  fixedly (of staring), steadily みつめる to stare at, to watch intently, to fix one’s …